笑顔

歯並びが綺麗になる施術

ファミリー

大阪の歯科医院のなかには、透明なマウスピースで歯並びを治す治療を行うところが増えてきているようです。その矯正治療法はインビザラインと呼ばれています。この治療は、薄いマウスピースを1日20時間以上装着して2週間ごとに新しく交換するようです。世界的にも多くの方がインビザラインで歯の矯正治療をしています。その約90%の治療経験者が、満足したという結果が出ています。インビザラインの特徴はパソコンで治療後の歯並び、歯の移動状態を確認できることです。矯正後の歯の状態をイメージしやすいので、治療へのモチベーションに繋がります。それと、インビザラインは約2週間に一度、大阪の歯医者で交換しましょう。従来のワイヤーによる矯正に比べて通院回数がとても少ないです。そのため、毎日の家事や仕事で忙しい方も治療を始め易いです。

大阪の歯医者で行われるインビザラインは、薄いマウスピースを毎日装着することになります。そのため、口腔内を清潔に保つため、きちんとマウスピースを毎日洗浄する必要が有るのです。洗浄する際にはいくつか注意することがあります。まず、柔らかい毛の歯ブラシで、冷たい水に流しながら洗浄することです。この時熱いお湯で洗ってしまうと、マウスピースが変形します。もう一度大阪の歯医者で作り直さなければいけないので、注意したほうが良いです。さらに、食事などでマウスピースの着色が気になる場合は、専用の洗浄剤を使って洗います。この時歯磨き粉や市販の入れ歯用洗浄剤を使うと、マウスピースが壊れる可能性が有るようです。なので、これらを使用する際はかかりつけの歯科医師に尋ねてから使うようにしましょう。そうすれば、安心して歯のケアをすることができます。